美容クリニックの看護師の仕事や接遇マナー

「美容クリニック」と一言で言っても、美容外科・美容整形外科・美容皮膚科といった多様な種類があります。美容外科や美容整形外科などでは手術前の準備をしたり、手術で使う器具の洗浄をします。薬剤を揃えたり、患者を手術室まで誘導する仕事もあるのです。手術を受けた患者はダウンタイムを迎えることとなり、経過観察も慎重に行います。術後の患部を確認したり、異常がないかきめ細やかにチェックすることがポイントです。また、美容皮膚科ではレーザーを用いて治療や注射などの医療行為を担当することも多くあります。コラーゲンやボトックス、プラセンタなど美容に特化した薬剤を扱うのも特徴です。レーザーや注射は繊細な作業になるので、注射が得意で手先が器用な看護師が向いていると言われています。小さなミスでもクレームに繋がることがあるので、作業は細心の注意を払って行うことがポイントです。

美容クリニックは他のクリニックとは違って、健康上の問題がある人ではなく、容姿を美しく変えたい、コンプレックスを取り除きたいなどの患者が訪れます。看護師が患者とコミュニケーションを取るときも一般的な医療機関と違い、お客さんに接するような接遇が求められるのです。患者が安心して施術を受けられるように笑顔でコミュニケーションを取ったり、治療内容を細かく説明します。質問されたことも的確に答えられるように、豊富な知識を持つことも重要です。カウンセリングでは患者と医師との間に入って、スムーズにコミュニケーションが取れるようにサポートします。